パチンコ黄金率 白い絹糸レビュー - 中高年 ブログで稼ぐアフィリ大百科

中高年 ブログで稼ぐアフィリ大百科 ホーム » スポンサー広告 » ★商材レビュー » パチンコ黄金率 白い絹糸レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ黄金率 白い絹糸レビュー

「情報商材の価格」という


上のタイトルを打つとき、


情報惣菜の蚊飼う」に何故かなってしまった倭人です




最近、少し睡眠不足で疲れているかも^^




さて、きょうはちょっと情報商材の価格について思うところを書きますね。


右のサイドバーには千円の優良商材のバナーを貼っていますが、


これは特別に安いことはアフィリの活動をされていらっしゃる方なら


誰でもわかっていることでしょう。




ご存知のようにたいていの情報商材は1万~3万くらいはします。




われわれアフィリエイターの感覚ですと、



一万?結構安いじゃん、

二万?まあ普通だね

三万?本当にそれだけの価値あるのか?


それ以上の価格になりますと、よほど信頼している方が書かれたとか、

信頼しているアフィリエイターさんが勧めていらっしゃるとかの要素がないと、

まず、買うことは二の足を踏みます。


そんな感じじゃないでしょうか?



実はわたしはアフィリエイトという言葉さえ知る前に買った商材が

ひとつだけあります。


それは何かというと・・・・・・



下の[READ MORE...] をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ









実はそれはパチンコの「黄金率 白い絹糸」という商材でした。


アフィリだの自己アフィリだのという言葉さえ知らないときでした。

(まあ、この商材は自己アフィリはないということを、後で知りましたが)



わたしは趣味の域を超えて、パチンコにはまっていた時期があり、

連日、ぼろ負けっていう頃でした。



負けて帰ってくるとインターネットでパチンコ関係の必勝法を調べ、

そしてまた翌日、負けて調べ、

また負けて調べ、

負けて調べ

負け調べ

負け調

負調


「まけしら」の日々だったんです(笑

ご存知のようにパチンコはれっきとしたギャンブルです。


勝てば数千円の元手で一日で、5万、10万稼げますが、

負けるとそのくらいのお金がさよならの日もあります。


コンビニなどにあるパチンコ雑誌に載っている「必勝法」のPR広告には

最初から目もくれたことはなかったです。

あんな類はみな詐欺まがいってことくらいはわかっていたからです。


ある日、またネットで「まけしら」をしていて、ふと目にとまった広告がありました。

はじめて私が「セールスレター」っていうものを読んだ瞬間でもありました。


妙に説得力があり、いかがわしいところが微塵もない文面なんですよね。

それが「パチンコ黄金率、白い絹糸」、通称「黄金率」でした。


「う~ん、これはどっか違うなぁ~

正直、これが読後の気持ちでした。


それから、検索でブログを見たり、パチンコブログランキングの商材レビューを

片っ端から読んで、間違いないものか確認作業をしました。

(もう、この段階で買う気になってしまっていたわけです)


全てといっていいほど、この商材については合格点でした。

1つ、2つほど、「確率」についての考え方が違うという記事があったくらいで、

その記事さえ、批判的ではなかったんですね。


あとは「絶賛」「激賞」「超おすすめ」って感じの記事ばかりでした。

読んだ記事数にすると100近かったと思いますね。


翌々日、はじめての電子書籍の購入、

はじめてのinfotopでのカード決済手続き、

買ったものが即読めるという便利なシステムに驚いたものです。



この商材はみのさんたさんていう方がインフォブレナー(著作者)なのですが、

その方からのメールの一部をご紹介させていただきます。


>特許庁からパチンコ教材としては異例の、商標登録も認可されました。
>最近、にわかにパチンコ黄金率とみのさんたがマスコミに取り上げられています。
>◆本モノはクチコミもマスコミも注目するのだ!◆と言う見本の様です。
>最近では11月1日発売の「頭で儲ける時代」にも取材記事が掲載されました。


30種類以上の新機種にも対応し、ハンドブックが絶えず更新され、

会員フォーラムでは勝利報告や、質問が活発に飛び交っています。


メールでのフォローもついており、

わたしも3~4回は利用しましたが、

まず遅くとも翌日にはお返事をいただくことができましたよ。


勿論、ギャンブルですから100%勝つということはありませんが、

30~40%の勝率が80%以上に跳ね上がる理論であることは間違いないですね。


では負ける20%は何だったかというと、引き際の問題です。

この理論では独自の勝てる台を方式にのっとって探すわけですが、

そういう台がなかったり、占拠されていた場合は

じっと空くのを待つか、諦めて帰るかする忍耐が必要です。


それができなくて、自己流の勘で遊んでしまうと、また「まけしら」になるわけです(爆


しかし、けっこう慎重なわたしが即、買ってしまったレターには、

どんな秘密が隠されていたのか?

興味がある方は下をクリックしてください!

        ↓






















関連記事
ここは記事下のフリースペースです
この記事のタグリスト:
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ現在

おきてがみ

トラックバック

http://gisiwajin.blog26.fc2.com/tb.php/13-dbd21cf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。